こんにちは。はごろもランジェリー店主の治代です😊

昨日は【秋冬、これからの季節のリラックスランジェリー】ということで

昨シーズンまでのお客様のご感想と私の冬の装いをご紹介させて頂きました。

参考になりました❗とメッセージも頂いて嬉しかったです。

さてさて、今日はその冬の装いの中で「腹巻」に注目してお伝えします。

私の装いを見て「結構いっぱい着てるなぁ」と思われたかな?

そこで今日は少しでも少なく出来る「腹巻と一体型のショーツ」をご紹介させて頂きます☺️

はごろも和の会、N様の作品を突撃紹介です~💕※画像もお借りしました。素敵😍

ショップはこちら
https://minne.com/@momomonyan

このタイプ、市販のショーツに慣れている若い女性達にも人気です。

いきなり全体の開放感があるより、この方が馴染みやすいのかも…

コマネチラインのくすみに悩む子たちが、ふんぱんを履いて少しでも悩み解消出来たら良いなぁ💕

ゴムは沢山入るときつい様に思えますが、複数のゴムが入ると全体で支える形になるので

ゴム一本一本は緩くても安定して支えてくれるスグレモノです。

ご自身で作られる方は「はごろもショーツ桜の④太めゴム(生理用)タイプ」のアレンジで作れます。

作る時のコツは本体とウエストを繋げる時にずれが起きやすいので

先に表か裏片面の本体とウエストを縫い合わせてから、ウエスト部分を一周縫い始めるとずれにくいです。※レシピ(7)の①の作業の前準備

この縫い方は桜の③ゴムタイプのウエストを縫う時にも有効です。

表は綺麗に縫えても裏を返したら脱線してしまう、という場合の対策になります。

これは、私が実際作ってみて、柔らかい素材などで作った時にした対策です。

こうやって見ると生理用タイプって結構、手間がかかっていることがわかります😮N様、沢山作られてましたね❤すごい~❗

作り方でお困りの際にはお気軽にお問い合わせください😉💗写真のやりとりが可能なので、主に公式LINEで受付中です。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事