治代(Haruyo)
治代(Haruyo)
シルクのふんどしパンツの作成、販売から始まり、初代姫パン事務局にて、2018年3月末まで型紙の企画や制作・印刷・運営を担当していました。担当した型紙の販売数は、2年満たない間に約2500部を突破。この経験を生かし、ハンドメイドで活躍する女性や、作品が集う場所作りを地元広島で行っています。私が住んでいる場所は、世界遺産宮島のちょうど対岸です。大好きなこの土地のエネルギーも一緒にお届け致します。最近は着付けにはまっています。
治代(Haruyo)の記事一覧
NEW!
手づくり小物の委託販売先を見学してきました
花言葉は「優しさを集めて」
素材の「麻」って冬もいけますか?
布ナプキンには「クロッチホルダー」がおすすめ
ふんどしパンツと布ナプキンの相性?貴女の体験談をお寄せください
マスク!マスク!マスク!笑笑。代替材料はいっぱい!
ウエスト部分をより作りやすくするには
買い手と売り手の両方の立場から市場価格と物の価値について考えてみた
着付けとリラックスランジェリーの共通点