治代(Haruyo)
治代(Haruyo)
シルクのふんどしパンツの作成、販売から始まり、初代姫パン事務局にて、2018年3月末まで型紙の企画や制作・印刷・運営を担当していました。担当した型紙の販売数は、2年満たない間に約2500部を突破。この経験を生かし、ハンドメイドで活躍する女性や、作品が集う場所作りを地元広島で行っています。私が住んでいる場所は、世界遺産宮島のちょうど対岸です。大好きなこの土地のエネルギーも一緒にお届け致します。最近は着付けにはまっています。
治代(Haruyo)の記事一覧
【イベント出店日】店主の思い
男児が愛用する和柄ふんどし「青海波」の魅力
明後日のイベントとオンラインワークショップのご案内
海外でよくあるレース下着のレシピと下着の人気カラー
薔薇×リラックスブラ?!
男性にこそ、ふんどしパンツを履いて欲しい
【ふんどしパンツ】どんな形をよく履きますか?
ふんどしパンツの「くいこみ」について
イベントでのワークショップも本格始動いたします!
ふんどしパンツは寒そう?寒い?