治代(Haruyo)
治代(Haruyo)
シルクのふんどしパンツの作成、販売から始まり、初代姫パン事務局にて、2018年3月末まで型紙の企画や制作・印刷・運営を担当していました。担当した型紙の販売数は、2年満たない間に約2500部を突破。この経験を生かし、ハンドメイドで活躍する女性や、作品が集う場所作りを地元広島で行っています。私が住んでいる場所は、世界遺産宮島のちょうど対岸です。大好きなこの土地のエネルギーも一緒にお届け致します。最近は着付けにはまっています。
治代(Haruyo)の記事一覧
キャミソールが快適でハマりそうです
季節を感じる大切さ。下着を見直す時期ですね。
【マスク】気になっていた形のものを作ってみました
【はごろもブラ乙女椿型紙】レビューを頂きました
【マスク】気分転換しながら無地を作る
布マスク、喜んで貰えました
和柄のマスクをまた作りました。今度は女性用
なんて繊細で美しいのでしょう
マスク作りとこだわりと。ミーティングしたこと。
【StayHome】ふんどしパンツデビューのチャンスです