ファーストブラに手ぬぐいブラを選んで貰って思い出した私の成長期のこと

こんにちは。はごろもランジェリー店主の治代です😊

昨夜から大雨が降っていて、朝から公園に行く予定が、夕方からになりました。

 

ゴールデンウィーク最終日

今日は子どもの日ですね🎏

みーんな、お母さんから生まれた子ども。

命の繋がりに感謝する日だな~と私は思っています😘

 

命の繋がりのことを注目すると

最終的にたどり着くのは

やっぱり身体に目を向けること。

 

当たり前じゃなくて

奇跡が繋がって

ここに存在していて

 

この身体をどう扱うか

考える人が今

増えているように思います。

 

身体の声がきけている

不快感に気づけたというか…

必ずしもベストな状態じゃなかったとしても

仕方ないと思わないこと

小さな行動から

変化が生まれるのだと思うのです。

 

当たり前とか

常識だと思っていたことすら

ちょっと疑問に思ってみたら

むちゃくちゃラクで楽しい日々が過ごせたり♡

 

ダラけるのがダメだって

思っていた頃は

頑張って

意地張って

動いていました。

 

そう教わって来たんだから

それが当たり前と思うよね。

 

身体の理想も

身につけるものは目の前にあるものや

みんなが着けているものから選ぶ。

 

母が用意してくれたブラとショーツを

なんの疑いもなく着ていました。

苦しくて、休みの日にブラを着けずにいたら

着なさいと近所のおばちゃんに叱られました。

 

その言葉は優しさからです。

小学生の私にはわからない、大人目線からの心配をしてくれていたから。

 

 

子どもの日。

何歳までが子どもなんでしょう?

 

身体の形は選べません。(ある程度は選べたり作れたりするけど)

隠すように猫背になった私。

 

心より、身体が先に大人になった私は

そのまま自分の身体が嫌いになっちゃったこともあったけど

その分、色んなことを知りました。

 

あの頃の私に

今の私のこと

教えてあげたいなぁ💕

 

まさかの自分でブラを作ってご紹介することが出来るまでになっただなんて

私が一番びっくりなのです。

 

ファーストブラに手ぬぐいブラ・姫沙羅を選んでくださったお母さん。

作ってお嬢さんにプレゼントされるそうです❤

私からも、感謝の気持ちを伝えます。

選んでくれて、見つけてくれてありがとう。

お嬢様が自分の身体のこと、好きになります様に。

いや、スタートがまるで違うからきっと

当たり前に大切にしてくれそう💕

 

誰もが、苦しいとか我慢せず

自分の好みの下着が見つかる様になると良いな😍

当時の環境でベストな下着を用意してくれた母と

私の身の安全を気にかけてくれた近所のおばちゃんに感謝しつつ

まだまだ先を目指します😉💗

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事