こんにちは。はごろもランジェリー店主の治代です😊

昨日、3月11日に避難訓練と非常食体験をした末っ子くん。

帰ってきてから、沢山お話をしてくれました。

・水を入れると食べられるご飯
・温めなくても食べられるレトルトカレー
・フルーツ缶

それからおやつにカンパンをいただいたそうです。

家では主人や私の体験談も、少しずつ話しています。

そして、私は思うところがあって防災グッズの見直しをしました。

それは…

以前からおすすめしている防災グッズとしての「さらし」に追加。

今回はウイルスで不足したマスクですが、花粉症の私は災害時にも必需品です。

ちょっと手を加えたら色んなものに変身出来るさらし+‪α‬でマスクも作れるようにしておきたいと思ったのです。

万能なさらしはロープ代わりに、怪我をしたら包帯や三角巾代わりに、ハンカチ、ナプキンや身体に巻いて温めたり、少し縫い合わせたり繋いだら袋やショーツやブラにもなります。

でも、道具がないと、ただの長い布。荷物になるだけのような気配も😅

あんまりにも手間がかかるなら災害時には向いていないだろうし。

災害の状況によっては使い物にならない場合もあるかもしれませんね。

我が家では以前、この穏やかな瀬戸内海で海水が逆流して腰程になり車が水没していますので

海水にやられちゃったら、衛生的に無理かもな、とは思っています。

でも、きっと、誰も持って逃げないであろうさらしを、私は持っていようと思うのです。

そして、この度追加で輪ゴム、平ゴム、紐などを一緒に用意して、マスクも作れるようにしました。

ライフハックで、縫わずに作れるマスクのことも知ることが出来ましたので安心。

小さなソーイングセットも用意しています。

友だちや同僚は、私の所に来たら針と糸とハサミはあると思っていましたので😆

紐は丸ごとはきっと無理なので、切ってまとめておきたいと思います。

以上、私の防災グッズの見直しでした。

さらしを防災グッズにしたのは

豪雨災害の時に手ぬぐいブラキットをご購入頂き、仕上げて被災地におくられた方がいらっしゃったのがきっかけです。

ブラもパンツも作れると、いざという時にきっと役立ちます。

それでは今日も良い一日を💝

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事