こんにちは。はごろもランジェリー店主の治代です😊

最近、着物を着ることが減って身体のバランスが気になっています。

着物を着ると気を整えたり自然と姿勢がよくなったり呼吸を意識出来たりする感じがするので

私にとってただ華美なものとしてではなく、体調管理にも一躍かってくれています。

身体は部分によって支えたりすることで本来の姿勢を思い出してくれたり無理な使い方をせずに済むことがあります。

また、日々変化があるので支えたり緩めたりも身体のリズムに合わせています。

写真は「湯文字」という着物が日常着の時代の女性下着にあたるものです。

トルソーさんがスリムなので、ちょっとごちゃっと巻いていますが😅

2m程の力布と1.5m弱の本体を縫い合わせて身体に巻き付けるものです。

ふんどしパンツを作り始めてから初めて見た人によく言われるのが

「寒そう」

その言葉がずっと気になっていました。

私は抵抗なく履き始めましたので本当によくわからなくて💦

でも、この寒そうって脇に布が少ないからとか布がフィットしてないからだけでなくて

単純に締め付けに慣れているんじゃないかなと思いました。

骨盤や腰は固定させることで、重いものを持った時に負担がかかりにくい(グギッといきにくい)と聞いたことがあって

そういえば、着物を着ている時は、数本の腰ひもと伊達締めと帯で支えているし

筒状の布の中にいる(表現変わってる😂)ので必然的に無理な体勢にはならないですよね。

そう。。。ということは布でしっかり覆うと身体があたたかく守られていると

本能的にわかっておられるからこその「寒そう」なんじゃないかなと思ったのです😯

ふんどしパンツを履くとそけい部(コマネチライン)を締め付けないことで血流の妨げがなく、私は逆に寒さは感じなくなりましたが

骨盤や腰のことは想定外でした。これは、どこを固定するかが重要な気がします。

私が妊娠中に聞いたのは、お臍より上に締め付けがあるとしんどくなりやすいということでした。

臍下や腰周りって、お腹側に骨がないので背骨に負担がかかりやすくて

荷物を持ち上げる時など何か支えが欲しい時この「湯文字」はどうかな?と考え

本来「湯文字」はインナーですがカフェエプロンみたいに外につけると付け外しもラクかなと思い作りました。

湯文字、いかがでしょうか🌟

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事