治代(Haruyo)
治代(Haruyo)
シルクのふんどしパンツの作成、販売から始まり、初代姫パン事務局にて、2018年3月末まで型紙の企画や制作・印刷・運営を担当していました。担当した型紙の販売数は、2年満たない間に約2500部を突破。この経験を生かし、ハンドメイドで活躍する女性や、作品が集う場所作りを地元広島で行っています。私が住んでいる場所は、世界遺産宮島のちょうど対岸です。大好きなこの土地のエネルギーも一緒にお届け致します。最近は着付けにはまっています。
治代(Haruyo)の記事一覧
【リラックスショーツ】下着の必要な枚数ってどのくらい?私の場合、、、
玉ねぎの皮の草木染め。さらしを染めてみました!
【ふんどしパンツ】との初めての出会いに立ち合うことが出来ました!
【出展情報】2019.8.18(日)パセーラ三階 sofa HIROSHIMA
【はごろもブラ】乙女椿で暑い夏を快適に過ごす
今こそふんどしパンツを!若い女性達のデリケートゾーンが悲鳴をあげている
【広島】はごろもランジェリーのワークショップ開催について
【よくあるご質問】私にも作れるかな?手づくり下着